2008年06月22日

映像

今回のセレッソ戦での事前ミーティングでは、セレッソの長所である攻撃的要素よりも、欠点でもある守備時にできる中盤でのスペースを主に映像編集して盛り込んでみました。というのも、最近守備ラインが下がってしまう事が多く(仕方がない部分もあるのですが...)、なかなか前へ出ていけない時間帯が長く続いていたので、受け身にならずに、攻撃的な意識を持って積極的に前に出ていけるようにという思いがありました。

基本的に、対戦相手の攻撃時、守備時の特徴、要注意選手、危険となりうる状況(セットプレー)等を編集するのですが、どの要素を重点的に盛り込むのかは状況に応じて変えています。ミーティングを行う際に、相手のポジティブな要素を多く出して、選手に注意を促す時と、逆にマイナス要素を見せて自信を持たせる時と使い分ける必要があると常にセフも言っていました。つまり、同じ対戦相手で、前回と同じ意図を持った戦い方で臨んでくる相手と2度目に対戦する場合も、状況に応じて内容を変えなければいけないんだと。しかも、“相手を知る”事は必要ですが、サッカーは人間のやる競技で、常に同パターンとは限らず、あまり先入観を持ちすぎてもいけないので、どの部分を、どこまで伝えるのかという点で、非常に難しい部分でもあります。そして、一番重要なのはその結果をもとに、自分達がスタイルを変えずに、どう自分達の特徴を活かした戦いを展開できるかが一番重要な部分です。

対戦相手の試合をチェックして、レポートとパワーポイント作成し、その後、映像編集となると、膨大な時間を費やしますが、やはり勝利の後は格別です。ただ、逆に敗戦の後はかなりへこみますね...

そういえば去年、名古屋でファン感謝デーの時に、ファンの方に実際のミーティングを体験して頂きました。当初の予定では、記者会見のような形で、サポーターの方に質問してもらう事が計画されていたのですが、せっかくなのでセフと話しをして、ファン感事前に行われた甲府戦の事前ミーティングを同じような形で行いました。まぁ、20分の予定が相変わらずセフが話しすぎた事で、大幅にオーバーしてしまった記憶がありますが...

さて、切り替えて岐阜戦の準備の続きをしたいと思います!と、その前に...近くの温泉でリフレッシュしてきます!
posted by ryo at 11:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セレッソ戦

昨日のセレッソ戦は非常に悔しく、受け入れがたい敗戦でした。大量の雨が降りしきる中、前半は水の溜まったピッチの中で、天候にいち早く順応したのはアビスパだったと思います。セレッソ攻撃陣は自らがドリブルで仕掛けるタイプの選手が多く、昨日の前半の様なコンディションでは、彼らの特徴が完全に消えており、前半はシンプルにボールをサイドに散らす事で、ゲームを優位に進める事ができていたと思います。

ただ、前半終了時にピッチを見たところ、雨が小降りになっており、もちろんスリッピーな状態は変わらないものの、ピッチはほぼ通常の状態に戻っていました。その事で後半はセレッソも普段通りのサッカーを展開し、逆にうちは非常に攻撃的な布陣で臨んできた相手に対し、中盤にできるスペースを有効に使い、何度か決定的なチャンスを作ることができていたと思います。ただ、前節の広島戦でロスタイムに追いついたのも実力、そして、今回、終了直前で失点したのも実力なのでしょう。この敗戦を真摯に受け止め、そして糧にしなければいけないと思います。

次節以降、下位にいるチームとの対戦が続くので、きっちりと結果を出したいと思います。


ちなみにアオもセレッソに合流してから約1か月、すでにチームに順応しているようで、非常に元気そうでした。ポテンシャルを活かして、頑張ってほしいですね!
posted by ryo at 11:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。