2008年09月24日

リベンジ

昨日のセレッソ戦は非常に見応えのある試合っだたのではないでしょうか!?前回のセレッソ戦は、終了間際にコーナーから失点してしまい、0-1で敗戦していただけに、昨日の勝利は格別でした!

内容も、うちのほうがボール支配率からいってもかなり相手を上回っていたのではないでしょうか。今回の試合のポイントは、個々の技術が高く、攻撃的な選手を多く起用し、サイドバックを積極的にオーバーラップさせて攻撃を仕掛けてくる相手に対し、逆に、その空いたスペースと、中盤とDFのギャップを有効的に活用し、そこから攻撃の起点を作る事でした。その結果、決定的な場面を何度も作れていましたし、相手は後半にシステムを変更という手を打ってきましたが、これもうちが主導権を握っていたという表れの一つだと思います。

また、相手のクロスの入り方も予定通りで、相手の最大の特徴でもある両サイド選手の中へ切り込んで行くドリブルも完全にシャットアウトできていましたね!本当に選手、スタッフ、そしてサポーターと、みんなが一つになってもぎとった勝利だったと思います!残りの試合もこの調子で行きましょう!


さてさて、今日は練習後に数名の選手、スタッフと“バー当て勝負”を行いました(ぺナの外からバーに当てて、戻ってきたボールをワンバウンド以内にゴールにシュート。ノーバウンドでネットに突き刺さればOK。勝ち抜けで勝負を競う)。結果は、一抜け!(もちろん、勝った時にしか書きません!笑)今まで負け続けていたゴリにも勝ったし、ここ最近運が悪かったのですが、やっと調子も上向きになってきたかな!?

人生やられっぱなしじゃいけません!(?)

posted by ryo at 17:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月18日

備えあれば、憂いなし!

book.jpg


台風の状況が気になりますね。チームも草津戦に備えて、明日移動する予定だったのですが、台風が来ている関係で急遽、午後の便で福岡空港から出発しました。“備えあれば、憂いなし!”ですね。あとは、試合が延期にならないことを祈るばかりです!最悪なケースとしては、試合が延期になり、しかも、20日も帰福できずに、もう一泊しなければならなくなった場合ですね。3泊4日で、試合なし。まぁ、自然の脅威にはかないません。


今日の午後、9月初旬に発売された『フランク・ライカールト 狂気を秘めた人格者』という本がクラブハウスに届いていました。いつも東邦出版の方が、オシム、イチロー、松坂など様々な本を送ってくれるのですが(いつもありがとうございます!)、今回送って頂いた本も、ライカールトという人物がなぜ選手としても、そして、監督としても成功したのかが少し理解できるような、とても興味深い内容でした。やはり、こういう人物の考え方は参考になりますね!お薦めなので、興味がある方は是非購読してみて下さい!

それから、今週号のサッカーマガジン“蹴辺の人々”というシリーズに、福岡での仕事が紹介されているようです(まだ見てないのですが)。書店で見かけた方は、こちらもぜひ目を通していただければと思います。このシリーズは名古屋時代にも取り上げて頂きましたし、他にもサッカーダイジェストや、日本経済新聞、サッカー番組など他にもインタビューを受けさせてもらいました。ただ、やはり自分の思いを口にするって難しいですよね。まだまだ色々な分野で学ぶことだらけです…。


さてさて、今日の練習後に数名の選手達とPK対決をしたのですが、マイクの野次、「良さん、選手権決勝の大舞台だと思って!」という一言に動揺してしまい(ただの言い訳!?)、結局2度も外してしまい惨敗でした…。プレッシャーに弱いんです…。

選手権を目指して、毎日ボールを追いかけた高校時代。チームは全国一になったものの僕自身がピッチに立つことはありませんでした。非常に悔しかった思い出がありますが、いまだ引きずっているのでしょうか!?(笑)

次こそは、最悪でもマイクだけには(?)負けないように頑張ります!


posted by ryo at 20:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月15日

ミスの誘発

今日はオフだったので、昨日の練習試合が終わってから1泊2日で玄界の方へ新鮮な魚を食べに行ってきました。新鮮な刺身や、イカの活き造り、天ぷらなどを堪能し、本当に大満足!福岡は海にも山にも恵まれて、本当に住みやすい街だと再認識しました!

さてさて、さきほどリバプール対ManUの試合の再放送がやっていましたが、判断やパスのスピード、質、全てがまさにトップレベルのゲームで、夕食を忘れてしまうくらい見入ってしまいました。

結果は、お互いが相手のミスを見逃さずに得点を挙げ、リバプールが2対1でManUを下しましたが、ビックゲームでは勝敗の多くが小さなミスで決まることが多々あります。途中で解説者の方も、You have to earn the rights to win the game(ゲームをものにする権利は自らで勝ち取るものだ)と言われてましたが、まさにその言葉通りで、ミスも誘発させるものなんですよね!意図のある攻撃で攻め続け、相手にプレッシャーをかけ続けることで、対戦相手もそのプレッシャーに絶えることができなくなり、結果的にミスが誘発させることができるのだと思います。

この試合、リバプールが逆転勝利を収めましたが、シュート数は、リバプールのゴール枠内へのシュート数が11に対し、ManUは4。つまり、数字だけ見てもわかるように、リバプールが内容でも上回っていましたね。

Be dominant!(ゲームを支配しよう!)や、You have to earn the luck(運は引きつけるものだ!)。よく耳にする言葉ですが、内容の濃いゲームをすれば、勝率が自然と上がってくるのは必然でしょう!次戦、アビスパはアウェイで草津との対戦ですが、うちも“内容のあるサッカー”で、勝ち点3を獲りたいですね!
posted by ryo at 22:42| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月04日

講習会

IMGP1643.JPGP9100089.JPG

日本サッカー協会主催のB級講習会に参加してきました。今回はFC東京の小平グラウンドで開催され、インストラクターはFC東京、育成統括部長の福井さんと、FC東京U-15むさし監督の山口さんだったのですが、お二方共とても経験豊富で、非常に優れたインストラクターの方達だったので大変勉強になりました。良い言葉もかけていただきましたが、またしっかりと自己分析して更に向上できるように努力していきたいと思います。

実際には、イングランドでB級レベルは取っており、今年UEFA Aのライセンスを取りに行く予定だったのですが、諸事情により今回は初めて日本で受講することにしました。ただ、今回の講習会は、指導実践、講義を含め、イングランドとの共通点、相違点など様々な点でとても興味深い講習会でした。そして何より他の受講生の方たちとの交流がとても楽しかったですね!トップから小学生年代、元Jリーガー、元なでしこジャパン出身の方など、色々な方達と触れ合うことで、視点を変えて色々な物事が見える事もあります。

それにしても、インストラクターや、他の受講生が指導を行っているときは、選手役としてプレーしなければならないので、只今あちらこちらが筋肉痛です…。後期までには、もっと身体を鍛えないと。(それでも、Aグループ対Bグループで行った紅白戦は見事に3-1で勝利を収めました!!!いや〜、その後のビールがうまかった〜笑)

さてさて、チームに迷惑をかけましたし、明日はミィーティングもあるので、またしっかりと頑張りたいと思います!次こそは勝ち点3を!


写真:
イングランド時代の講習会の様子(今回写真を撮り忘れたので)
・終了式で他の受講生と…
・インストラクターと当時U-21監督David Platt氏
posted by ryo at 21:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。