2009年04月19日

今日はとにかく暑かった...

今日は古巣との対戦でした(もちろんトップではなく育成組織同士なのですが)。結果の方は残念ながら敗戦してしまいましたが、内容はまずまずだったので、今の段階では及第点といったところでしょうか。何よりゲームの中で、選手の口から“1st Touch”、“Starting Position”とか、“パススピード”など、現在のテーマが言葉となって自然とピッチ上で現れるようになってきたのが良かったかなと思います。そしで全てではないけれど、随所でチームとしてやろうとする事に共通イメージを持ってプレーしようとする意図が見えました。

トップでもそうだと思うのですが、チームの方針や、監督の伝えたいことがプレスなどの取材を通じて、選手の口から統一した答えが自然と聞こえるようになったら、それはチームとしてのやり方が伝わっている指標の一つでもあるのかなと思います。

イギリスなどでは、育成年代でも1年契約の選手がほとんどで、選手にとって1年、いや、1日1日が勝負なので、指導者側から日々のトレーニングの中でモチベーションを高める必要はあまりなかったのですが、日本ではジュニアユースでも、ユースでも3年間は面倒みてくれる。そういった状況の中で、“中だるみ”の時期があるのも仕方がないのかもしれません。しかし、トップレベルの選手、本当に上を目指している選手、また、高い意識を持っている選手は、日々試合をイメージして、自己分析を繰り返しながら、毎日のトレーニングに臨んでいる様に思えます。つまり、意識の差が最終的にレベルの差になるのは必然的と言えるのではないでしょうか!?

選手達が常に高い意識を持って、少しでも夢に近づけるようにサポートしていきたいと思いますが、そのためには、こちらも努力して日々向上しなければいけませんね!


それにしても今日の犬飼(大分県)は暑かった。30度近くあったので、かなり体力が消耗しました。トップチームの時は、一日外にいる事などほとんどなかったのでなおさらです…春休みの韓国遠征→練習→試合の繰り返しと、忙しい日が続いて疲労が蓄積しているので明日はしっかりと休養して体力を充電したいと思います!
posted by ryo at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。