2009年06月26日

勉強

クラブユースの県大会決勝戦が行われ、3-1で勝利しました。7月から行われる九州大会への出場権を得ましたが、チームとしての形は良くなってきているものの、まだまだ個々の技術はトップのレベルから逆算して、今必要な技術力を考えるとまだ水準に達していないレベルにあると思います。もちろんセレクションで合格している選手達なので、それぞれが特徴は持っているものの、“足が速い”、“身体能力が高い”、“技術力がある”だけでは、もちろん現代のサッカーでは通用しません。

ただ、この試合終了後、ある選手が試合後に勝利したにもかかわらず悔し涙を流している選手がいました。彼なりに自己評価して満足いく出来ではなかったのでしょう。また、自分のプレーがうまくいかないから、どうすれば良いのかを聞きにくる選手、プロの試合で参考にできる試合のDVDを借りにくる選手もちらほら出てきました。ただ、それとは逆に、メンバー外の選手の中には、何も感じずに試合を眺めているだけの選手もいました。「どうすれば試合に出れるのか」、「何が足りないのか」を分析している選手は多くなかったように思えます。

そうやって、レベルに開きが出てくるのでしょうが…モチベーションや意識というのは人からあげてもらうものでは決してないと思います。グループに注意を促しても、自分のこととしてとらえていない選手や、指導者の前だけ大人しくする選手も数名見受けられます。何度こちらから言っても、自分が感じない限り、本人が気がつかない限り本当の意味での飛躍はできないとのですが…。難しいところです…。

“大会などはあくまでも通過点”。まだまだ、結果ばかりにとらわれて勝てば“結果オーライ”、“燃え尽き症候群”となってしまっている子供達がなかにはいるかもしれません。そして、今日本の育成に携わってみて痛感しているのは、あまりにも育成年代において大会が多いこと。そのため選手以上に指導者が“勝利”という名の結果を重視しすぎているようにも感じます。(ちなみにイギリスでは、15歳以下ではリーグ戦での試合は組まれていますが、結果は記録されません)公式戦だから頑張る。公式戦が近いから練習をより一層真剣に行うなど、イベントによってモチベーションが変わったり、一つ一つのプレーに区別をつけていたら、伸びる要素も伸びなくなってしまうのではないでしょうか。

またこの傾向は普段の生活の中でも同じように代表される例があると思います。学校生活の中で“テスト勉強”という言葉がありますが、テストというものは本来、今まで勉強してきたことが、どれだけ身に付いているのかを確認するための確認作業ではないのでしょうか?私自身もそうであったように、付け焼刃の一夜漬けであっては、その時のテスト結果は良くても、蓄積はされていないでしょう。毎日少しずつでも勉強をしていれば、テスト前にも普段通りの時間で多少複習すればOKであり、ましてやテスト勉強で練習を休みますと言う選手も少なくなるでしょう。

留学時代に、大学には案外すんなりと入学したものの、入学してから単位をす得するのが非常に困難で、大変苦労した思い出があります。というのも、課題の量が非常に多く、しかも、どのレポートも最低で3-4冊の本、ジャーナルを読み、参考文献付きで、A4用紙約15枚くらいにまとめて提出しなければなりませんでした。しかも、毎週、なにかしら提出期限が迫っており、第2カ国語というハンディもあり、1年生の頃は毎日図書館に朝の4時までいた思い出があります。テストの際も、2時間以内に2つの課題が与えられて、今まで読んできた参考資料の記憶を基に、論理的にレポートを書きあげなければならず、テスト前だけの突発的な勉強ではごまかせませんでした。中学の時はそこそこ、高校の時はほとんど勉強してなかったので、人生の中であそこまで机に向かったのはあれが初めてでした…(笑)ただ、そうやって勉強したことは自然と頭に残っているものなんですよね。

今回初めて、選手のテスト結果と成績表を回収し、愕然としてしまいました。ちょっと楽観的すぎる選手も何人かいます。日々の積み重ねが大事ですし、夏休みの練習前後を利用して、勉強会も行いたいと思います。

つまり、サッカーも勉強も、何事にも普段からの積み重ねが重要なのでしょう。まぁ、当たり前の事なのでしょうが、その当たり前の事を実行できる人間は少ないでしょうし、そういった人間が上り詰めていくのでしょうね。

口にするのは簡単なのですが、実行となると実は一番難しい…
posted by ryo at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月22日

友人(?)ベン

CIMG4316.JPGDavidBusst.jpg

久しぶりに昔所属していたクラブのホームページを覗いていたところ、ある選手の近況がホームページに…。その名は、ベン・フォスター。ベン・フォスター???どこかで聞いたことのある名前だと思い即クリックしてみました。

現在、マンチェスター・ユナイテッドに所属。イングランド代表キャップ数2。

えっ…

まさかと思いつつ調べてみたところ、イングランド時代(当時21歳でした)にウォーリックというクラブに所属していたのですが、その時のGKが当時19歳だった彼でした。ちなみに、タイトルには強がって友人と書きましたが、一度も一緒に飲みにいったこともありませんし、あまり交流はありませんでした…(笑)ちょっと昔の地方新聞を探してみたところ、予想スタメンの所にFoster,Shigakiって書いてありました(懐かしい…)

それにしても、イングランドの様なサッカー先進国でセミプロとは言え下部リーグから、しかも一度もプロの下部組織を経験せずに、ここまで出世する例は、現代では珍しいのではないでしょうか!?一緒にプレーしていた翌年にストークシティーに移籍しているので、どこかの試合でスカウトの目に留まったのでしょうね。まぁ、当時はあまり上手かった印象はないのですが…

ManUではファン・デル・サールもいるし、なかなか出場できないかもしれませんが、元Ajaxコーチのヤン・バウタース氏(現ユトレヒトコーチ)曰く、ファン・デル・サールもAjax時代は身長が高いだけのGKだったらしく、練習中に彼がゴールマウスに入ると他の選手が、練習にならないから変えてくれと監督に直訴していたほど下手だったらしいので、ベンもまたいつチャンスをものにできるかわらないですよね!今後、気にして見たいと思います!

本当にチャンスはいつ訪れるかわからない。


ちなみに、その前に所属していたチームの監督は元コベントリー・シティーに所属していたディビッド・バッスト。彼もまた選手時代に下部リーグからプレミアまで上り詰めた方でした。

が、しかし、彼の場合はマンU戦での悲劇により選手生命を断たれてしまいました…(写真)

つくずく思います。
                 本当に厳しい世界です…
posted by ryo at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月07日

アビスパ

今、育成の試合終了後、アビスパ対草津の試合を観戦するためにレベスタに来ています。

試合の方は1-2での敗戦という非常に残念な結果に終わってしまいました。残念です…ただ、“明けない夜はない”!今後の躍進を期待したいと思います。

さて、みんなに挨拶して、今日は大人しく帰宅する事にします…
posted by ryo at 18:04| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月06日

Jリーグ研修会

6月1日から4日まで新潟の十日町にあるベルナティオ(http://www.belnatio.com)というホテルにて、Jリーグの研修会が行われました。J1各チームから一人ずつ育成のコーチ陣が集まり、去年までガンバ大阪の育成部長をされていた上野山氏が講師となり、実践、講義、ディスカッション等など盛りだくさんの内容で行われました。

普段あまり交流のないコーチの方々と交流を深め、情報交換できたことで、非常に有意義な時間を過ごせましたし、こういった研修は、知識を深め、また、ネットワークを広げる良い機会ですし是非今後も継続していただければなと思います(ただ、さすがに毎日夜中の2時近くまで話していたので、さすがに疲れました…)

ちなみに、W杯の時にクロアチアがキャンプを張った場所だけに、ご飯も美味しく、温泉もあり、環境抜群でした!ただ、難を付けるとすれば、蚊が多く、しかも九州からは遠かった…

さてさて、今回も東邦出版様から、新刊「偉大なるマントーバ」を送って頂きました。前回送って頂いた「最強・クリスティアーノ・ロナウド読本」も大変面白い内容でしたが、今回の本は、今までとは送って頂いた書籍とは違い、遊び心あふれた、フットボールに纏わる6つフィクションストーリーで構成されていました。いつもいつもありがとうございます!
posted by ryo at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。