2010年12月17日

Preparation

新監督を迎えて臨む2011年シーズン。
来季に向けての準備が様々な部門で始まっています。
マラソンのスタート地点と同様、できる限り前方で、誰よりもいち早くスタートを切れる様に…

来年はJ2で2年目。
更に難しい状況が予想されますが、結果(勝ち点だけではなく、内容という結果も含めて)を求めてしっかりと戦いたいと思います。そして、その為にはスタイルの構築、選手個々のレベルアップ、主力を脅かす若手の台頭が必要であり、(特に大金を注ぎ込んで選手を連れてこれるクラブでないのであれば)そういった条件が揃って初めて結果に結びついてくるのだと思います。

サッカーには色々なシステムや戦術があり、現在では色々な指導者が分析、修正を繰り返しながら、より“勝利への近道”を見つける為に日々戦い方を模索している状況だと思います。ただ、膨大な情報量が飛び交う世の中で、きちんと情報を整理して、そして今の自分達に見合った、または求めるサッカーを選手個々にわかりやすく伝えることで初めて共通認識が生まれ、チームとして機能するのだと思います。

監督業を一言で例えるのであれば、目的地へうまく導いてくれるカーナビゲーションの役割でしょうか!?

現在、来季に向けてのミーティングを重ねています。その中で、新監督の持っているオランダ代表の資料等に目を通す機会がありましたが、やはり非常に情報が整理されていました。大まかに言えば、(現在良く見かける!?)ショートのみ、(一昔前のイングランドの様な!?)ロングのみではなく、ショートとロングを使い、うまく攻撃のリズム、テンポを使い分け、バランスのよい攻撃から相手を揺さぶり、守備の際には状況に応じたプレスからボールを奪う。状況が変化すれば、必然的に求められる答えも変わるはずです。その状況の変化を見極め、瞬時に正しい状況判断を下せる“判断力”を高める事で魅力的なサッカーができるでしょうし、また、膨大な情報の中から必要な情報をうまく引き出し上積みを加える事で、チーム力が向上していくのだと思います。

ちょっと取り留めのない文章になりましたが…


シーズンが終わってプレッシャーから解放されたことで“ほっ”っとする反面、シーズンが待ち遠しい気持ちで一杯です!!

posted by ryo at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。